アルプロンラボのウエイプロテイン・プレーン味(WPC・WPI)について | 人工甘味料なし・安くておススメの無添加プロテイン

アルプロン プロテイン WPI

アルプロンラボのウエイプロテイン・プレーン味(WPC・WPI)について

>> ホエイプロテイン
 >> サイトマップ

ボディービルダーの元チャンピオン北島達也氏が監修を手掛けたプロテイン・アルプロン・トップアスリートシリーズのプロテインは風味の種類が多いですが、この中で人工甘味料を使っていないのが「プレーン味」になります。

これまで購入したアルプロンラボのウエイプロテイン。

これまで購入したアルプロンラボのウエイプロテイン。

アルプロン・トップアスリートシリーズのウエイプロテインは風味の種類が20種類あり、たくさんあるのでなかなか飽きないようになっています。中にはクエン酸入りのものもあり、疲れがたまりやすい時にはおススメです。


プレーン味について

数ある風味の中で唯一アスパルテームが含まれていないのが「プレーン味」になります。さらに詳しく説明すると、WPCの中でアスパルテームが含まれていないのが「プレーン味」で、また、タンパク質含有量が高く、プロテインを飲むとおなかを下しやすくなる乳糖不耐症の方にも最適なWPIの「プレーン味」も人工甘味料が使われていません。

プレーン味の成分表。 特に記載はない。

プレーン味の成分表。
特に記載はない。

プレーン以外の成分表。「甘味料(アスパルテーム:L-フェニルアラニン化合物)」と書かれている。

プレーン以外の成分表。
「甘味料(アスパルテーム:L-フェニルアラニン化合物)」と書かれている。

アルプロンラボの場合は、WPIのメガ盛り(15kg)を販売していたりもしますので、ヘビーユーザーの方にも最適といえます。

実際に飲んでみたが…

過去にこのプレーン味を購入しているので、実際に飲んでいるのですが、その時の写真を撮っていないのでお見せできないのが残念です(全部飲んでしまいました)。

ですが、味に関しては、「ビーレジェンドMUTENKA」とそれほど変わりがなく、正直他のプロテインもそれほど変わりがないといった感じがします。泡の立ち方に関しては「ビーレジェンドMUTENKA」の方が泡立ちやすかった印象もあります。

なお、アルプロンラボの場合は、フレーバーのみの販売もしているので、このプレーン味にフレーバーをブレンドするということも可能です。

以下、アマゾンと楽天の両方を紹介していますが、楽天の方が選択肢が多いのでそちらをおススメしています。

アマゾンストアで購入。
楽天の商品一覧

ブログトップ >> アルプロンラボのウエイプロテイン・プレーン味(WPC・WPI)について
 >> サイトマップ