「アミノバイタル® ジュニア」プロテイン・レモン味を購入してみました。 | 人工甘味料なし・安くておススメの無添加プロテイン

アミノバイタルジュニアプロテイン 効果

「アミノバイタル® ジュニア」プロテイン・レモン味を購入してみました。

>> ホエイプロテイン
 >> サイトマップ

「アミノバイタル® ジュニア」プロテイン・レモン味がスポーツショップで販売されていたので購入してみました。値段は1箱10袋1,080円とお試しで購入するには手頃な価格です。

スポーツ店にて購入可

スポーツ店にて購入可

使用されている人工甘味料

裏側

裏側

人工甘味料は「アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物」と「アセスルファムK」です。1本あたりで2.9gと少ないものの、たんぱく質の含有量は非常に高いです。原材料にはBCAAも含まれています。プロテインにもWPCとWPIがありますが、後者に相当すると考えて良いでしょう。ただ、アミノ酸プロフィールについては販売元である味の素の公式サイトを確認しても掲載されていませんでした。

そのまま飲んでみる。

粉末は大きいです。

粉末は大きいです。

粉末ですが、通常のプロテインとは異なり、粒の一つ一つが大きく、口に直接入れても咽ることがありません。風邪薬で葛根湯がありますが、あの粉末とよく似ています。水をちょっと含むだけで飲んでしまうことが可能です。粉末だけで飲んでしまえそうな感じがしますが、口の中で溶けきれないとむせてしまう可能性があります。

プロテインと混ぜてみる。

マイルメーカーと混ぜてみます。

マイルメーカーと混ぜてみます。

粉末の違い

粉末の違い

比率は半々くらい。

比率は半々くらい。

せっかくなのでプロテインと混ぜてみました。マイルメーカーエキスパートですが、ビギナーとそれほど違いはありません。風味としてはグレープフルーツとレモンを混ぜるような感じになります。元が酸っぱいのでそれほど風味が大きく変わったような感じはしませんでした。他のものだとまた違ったものになったでしょう。

飲みやすく含有量は高いが、少ないのでプロテインとしての効果は気休め程度か。

飲み方に関しては朝昼晩に1本ずつとありますが、子供用とはいえ、摂取するタンパク質の量はせいぜい8~9gということになります。大人用のものでも1本4.3gです。

たんぱく質の基本摂取量は「体重の数字×1~2g」ですが、これでは不足しがちになるので、別でプロテインを摂取するか肉をたくさん食べるなどの必要が出てきそうです。他の方はどう思うかわかりませんが、あくまで気休め程度の摂取といった感じがしてしまいます。


ブログトップ >> 「アミノバイタル® ジュニア」プロテイン・レモン味を購入してみました。
 >> サイトマップ