ビーレジェンドカゼイン&ホエイ(いちごミルク風味)を実際に飲んでみました。 | 人工甘味料なし・安くておススメの無添加プロテイン

ビーレジェンド カゼイン

ビーレジェンドカゼイン&ホエイ(いちごミルク風味)を実際に飲んでみました。

>> カゼインプロテイン
 >> サイトマップ

「ビーレジェンドカゼイン&ホエイ(いちごミルク風味)」を購入したのでそのレビューをしたいと思います。

「ビーレジェンドカゼイン&ホエイ(いちごミルク風味)」のパッケージ(表)

「ビーレジェンドカゼイン&ホエイ(いちごミルク風味)」のパッケージ(表)

使用されている甘味料は「スクラロース」のみ

「ビーレジェンドカゼイン&ホエイ」の甘味料は「スクラロース」と記載されている。

「ビーレジェンドカゼイン&ホエイ」の甘味料は
「スクラロース」と記載されている。

このカゼインプロテインで使用されている人工甘味料は「スクラロース」で、前にも記事で取り上げています。この甘味料の特徴として興味深いのは、糖尿病患者で摂取可能な点にあり、甘いにも関わらず、その効果は水と変わりないというものでした。

飲み方についての注意点

カゼインがメインになっているので、注意したい点があります。それは通常のホエイプロテインよりも必要な水が多めになってしまうという点にあります。

実際にホエイプロテインを飲む際は水の量とプロテインの量が同じくらいでもなんとかなるのですが、カゼインは溶けにくい性質があるため、その倍の量が必要になります。この点に関してはパッケージの裏側にも書いてありますが、気づかない人もいるかもしれません。

水とプロテインを 同じくらいにする。

水とプロテインを
同じくらいにする。

溶けきれずに残ってしまう。

溶けきれずに残ってしまう。

水を増やしたが それでも残っている。

水を増やしたが
それでも残っている。

上の画像では実際に水の量を少なめにしてみましたが、溶けにくいのがわかると思います。人によっては水ではなく、牛乳などで混ぜる人もいるのでその場合はもっと多めにしたり、また、シェイカーも500mlくらいの大きめのものを使うのがベターと言えます。

一番左がプロテイン用のシェイカー。 他のものと比較。

一番左がプロテイン用のシェイカー。
他のものと比較。

味についてはどうなのか?

他のカゼインプロテインと飲み比べをしたことがないので何とも言えませんが、ビーレジェンドプロテインの中ではかなり甘いほうになるかと思います。「そんなバナナ風味」と同じくらいな感じもします。甘さが強いと感じた場合は、水や牛乳の量を増やすとちょうど良くなるかもしれません。

→「ビーレジェンドカゼイン&ホエイ(いちごミルク風味)」を公式サイトで購入する。


ブログトップ >> ビーレジェンドカゼイン&ホエイ(いちごミルク風味)を実際に飲んでみました。
 >> サイトマップ