外国産と国産でプロテインに違いはあるのか? | 人工甘味料なし・安くておススメの無添加プロテイン

プロテイン 国産 外国産

外国産と国産でプロテインに違いはあるのか?

>> 外国産
 >> サイトマップ

プロテインというと、大抵は国産のものと外国産のもので迷う人もいたりするのではないでしょうか?この記事では外国産のプロテインについて簡単にまとめてみました。

海外のプロテインは甘すぎる?

アメリカでボディビルのチャンピオンになったことのある北島達也氏は自身の解説動画で次のように話しています。

————省略————–
味についても長く飲むには、味が濃すぎなんですね、海外のプロテインは。味自体は美味しいけれども、濃すぎて、ちょっと一口飲む分にはいいんですけれども、僕たちみたいにトレーニングする場合は、逆に月に2キロ飲んでいたら嫌になってくる甘さなんです。

アメリカ人てものすごい甘党なんで、僕も元々甘党なんですけれども、アメリカに住んで甘いものが嫌いになるくらい甘いんですよ。もともとすごい甘党で今も甘いものが好きなんですけれども、向こうのお菓子って砂糖より甘いんですね。だから嫌になってきちゃって。そういう好みの人が飲むプロテインなんで、すごい甘いです。
————省略————–

外国産のプロテインは甘すぎるという事ですが、実際にそれらのレビューを見てみると、同じようなことが書かれていたりします。実際に飲んでみると確かにそんな感じがします。

国産のものに関しては、美味しくない、という感想を述べていますが、実際に国産であるビーレジェンドやアルプロンのプロテインを飲んでも、無添加のもの以外はそれほどまずいという感じがしないので、この点に関しては気にする必要はないと思います。

国産では手に入らないプロテインがある。

国産のものだと大豆かホエイが通常になりますが、外国産のものを調べてみるとそれ以外のプロテインがいくつかあったりします。上の動画では取り上げませんでしたが、他にも次のようなプロテインがあります。

これらのプロテインは国産で手に入らない、かなりマニアックなプロテインになると思います。表記は基本的に英語なので成分表記を見る上で把握しておいた方が良いキーワード「Vegan」「GMO free」「no dairy」「Gluten free」などを以下の記事で簡単に解説しています。

なお、玄米、インゲン豆のプロテインは植物性であるため、体に吸収されるタンパク質であるかどうか疑問があるのが正直なところのようです。

外国産のプロテインを扱っている通販サイトについて

当サイトで海外のサプリメントを紹介する際は、以下の三つのサイトを参考にしています。それぞれ免税や送料無料の上限金額が異なっているだけでなく、同じ商品でも値段が異なっていたりするのでしっかりと確認しておいた方が良いです。

上記リンクは楽天市場のものですが、楽天にはなくて本店の通販サイトには販売されているものもあったりします。

Champion Nutrition(チャンピオンニュートリション)のプロテイン

海外のホエイプロテインで有名なものとしてChampion Nutrition(チャンピオンニュートリション)のプロテインがあり、「ピュアホエイプラス」と「ヘビーウェイトゲイナー900」の2種類があります。チョコレートブラウニー風味を購入してみましたが、先のインタビュー記事のように結構甘い感じがします。

「ヘビーウェイトゲイナー900」は他のものに比べて1㎏当たりの値段が比較的安いです。その代わり、カロリーが高いためその点は頭に入れておいた方が良いでしょう。

Optimum Nutrition(オプティマムニュートリション)のプロテイン

今回購入した一連の商品。

今回購入した一連の商品。

BCAAカプセル。

BCAAカプセル。

Optimum Nutrition(オプティマムニュートリション)のプロテインは色々な種類がありますが、現時点ではすでに購入済みのBCAAカプセルと「100%ホエイゴールドスタンダード・バニラアイスクリーム風味」を紹介しています。

楽天で購入できるNOW foodsのプロテイン

ナウフーズ(NOW foods)はアメリカのサプリメント会社で、楽天などで扱っているところは非常に少ないですが、日本では手に入らないエッグプロテイン、玄米プロテイン、インゲン豆をベースにしたピープロテインなども扱っています。日本にはないものですが、海外ではこういったものもあるようです。

プロテイン以外のサプリメントについて、当サイトでは関節に有効な成分である「グルコサミン・コンドロイチン」のサプリメントも紹介しています。年寄り向けのイメージがありますが、ワークアウトで関節に何らかのダメージがあるのであれば、ぜひ取り入れておきたいものです。他にも「アルギニン」のサプリメントも紹介しています。国産のものよりも安くて、高い含有量を誇るものが多いです。


ブログトップ >> 外国産と国産でプロテインに違いはあるのか?
 >> サイトマップ