グリコの「クラスターデキストリン(CCD)」を購入してみました。 | 人工甘味料なし・安くておススメの無添加プロテイン

グリコ クラスターデキストリン CCD

グリコの「クラスターデキストリン(CCD)」を購入してみました。

>> 雑記
 >> サイトマップ

運動中の持久力を高めるサプリメントでグリコの「クラスターデキストリン(CCD)」をスポーツショップにてバラ売りで販売されていたので、購入してみました。

スポーツ店で販売されていたグリコのクラスターデキストリン。

スポーツ店で販売されていた
グリコのクラスターデキストリン。

クラスターデキストリンというと、普段なかなか耳にすることもありませんし、珍しいもののように感じてしまいますが、スポーツショップで普通に見かけることができるようです。もしも行きつけスポーツショップで見かけたら試しに買ってみるのもいいかもしれません。

簡単にクラスターデキストリンの持つ効能については、検証実験の結果で分かったことをグリコの公式サイトでは次のように説明しています。

CCD配合飲料を摂取した場合は、市販のデキストリン配合飲料やブドウ糖配合飲料を摂取した際に比べて、自己申告胃部膨満感やげっぷの回数が有意に低く、主観的運動強度も低い傾向を示し、疲労感が少ないことが分かりました。また、CCD配合飲料は胃から腸への移送速度が速いことも分かりました。

運動強度」の具体的な意味が分からない方は、以下をご参照ください。

成分と使用されている人工甘味料

原材料一覧。

原材料一覧。

成分表。

成分表。

1個で45g、更に値段は130円で販売されていました。まとめ買いであれば1,000円くらいで済んだでしょうが、試しに使ってみたかったということもあり、バラ売りのものを購入しました。使用されている甘味料は「スクラロース」と「アセスルファムK」です。また、クエン酸も含まれているので、アルギニンと合わせて飲むのにも向いています。

マルトデキストリンと非常に近いものになりますが、BCAAと組み合わせて摂り入れるのも良いでしょう。

飲み方について。

飲み方について。

実際に飲んでみた。

粉だけでもかなりの量がある。

粉だけでもかなりの量がある。

水を入れてみる。

水を入れてみる。

混ぜた後の様子。

混ぜた後の様子。

溶け残りがある。

溶け残りがある。

飲み方に関しては1袋45gに対して水500mlと書かれていますので、実際にそのように飲んでみました。使用したシェイカーはナチュラルヘルシースタンダードのプロテインを購入したときにセットでついていたもので、450mlまでメモリがついています。水の量を増やしたいのなら、シェイカーよりもスクイズボトルの方がおススメです。

実際に溶かしてみましたが、最初の内は溶け残りがある状況で、時間が経つときれいに溶けてしまいます。水の量も500ml以下でしたが特に問題はありませんでした。実際に飲んでみての感想ですが、レモンのような香りがします。

実際に1時間半くらいの運動をして比較してみましたが、飲まない時よりも集中力が切れにくい印象がありました。頻繁に使用したわけではないのでまだ分かりにくい部分がありますが、じっくりと違いを見ていきたいところですし、BCAAと合わせて飲むのも悪くない感じがしました。

→「クラスターデキストリン」を購入する(マーシャルワールドオンラインショップ)


ブログトップ >> グリコの「クラスターデキストリン(CCD)」を購入してみました。
 >> サイトマップ