筋肉疲労を抑え、免疫力の低下を防ぐ「グルタミン」について | 人工甘味料なし・安くておススメの無添加プロテイン

免疫力の低下を防ぐ グルタミン 安い

筋肉疲労を抑え、免疫力の低下を防ぐ「グルタミン」について

>> 雑記
 >> サイトマップ

スポーツで筋肉をつけるためにプロテインを取り入れる方は多いですが、もっとハードなトレーニングをされている方の場合、プロテイン以外のサプリメントが必要になってきますが、その中でもこの記事では「グルタミン」について取り上げます。

「グルタミン」の基本的な役割について

「グルタミン」は「アミノ酸」の一種で、運動による筋肉疲労を抑えたり、免疫力の低下を防ぐことが可能な成分です。アミノ酸には体内で作られる「非必須アミノ酸」と体内で作られない「必須アミノ酸」の2種類がありますが、「グルタミン」は「非必須アミノ酸」になります。

体内のグルタミンが大幅に消費されるのはどんなケースがあるかというと、次の場合になるでしょう。

上の最初の2つは一般的に知られているものですが、グルタミンを取り入れている方のレビューなどを参考に「病中病後」も入れました。ワークアウトをされている方の中には、風邪のひき初めに飲む方もいるようです。以下は参考サイト。

人工甘味料の場合であれば、一日摂取許容量(ADI)が設けられていますが、このグルタミンに関してはそういったものは今のところなく、現時点でグルタミンの過剰摂取による結論はないのが現状です。

「グルタミン酸」との違いは?

「グルタミン酸」と呼ばれるものがあります。一見「グルタミン」と同じなのかなと考えてしまいがちですがどうもそうではないようです。わかさ生活の公式サイトでは、その違いについて簡単に説明してあったので、引用したいと思います。

グルタミンは、体内でグルタミン酸とアンモニアに酵素が働くことによって合成されます。グルタミンが腸の働きをサポートする一方、グルタミン酸は脳機能を低下させる恐れのあるアンモニアを解毒し、体外に排出します。

当サイトで主に紹介しているアルプロンのプロテインには両方が含まれていますが、ビーレジェンドの方にはグルタミンが含まれていません。この点は頭に入れておいた方が良いでしょう。

安くておススメの「グルタミン」はどれか?

かなりありがたい機能を持つ「グルタミン」ですが、そのサプリメントが実際どのくらいの価格で販売されているのかを見てみます。

それぞれの1回につき5gを摂り入れることを前提に、1回あたりの値段を見てみると…

安さという点では、ビーレジェンドグルタミンの方が良いです。プロテインでも安さを売りにしていますが、グルタミンだけでなくBCAAなども安さを売りにしています。

だからといって安かろう悪かろうといったわけでもなく、公式サイトに掲載されてあるアスリートの方の声を見てみると決して悪いものでないことも分かります。

飲み方とレビュー
公式サイトはこちら

ブログトップ >> 筋肉疲労を抑え、免疫力の低下を防ぐ「グルタミン」について
 >> サイトマップ