「ネオテーム」について調べてみた。 | 人工甘味料なし・安くておススメの無添加プロテイン

ネオテーム プロテイン

「ネオテーム」について調べてみた。

>> 雑記
 >> サイトマップ

プロテインに含まれる人工甘味料の中に「ネオテーム」と呼ばれるものを使っているものがあったので、詳しく調べてみました。

当記事を作成するにあたって以上2つのサイトを参考にしました。特に厚生労働省の報告書は非常に参考になります。

「ネオテーム」とはどんな甘味料なのか?

「ネオテーム」という人工甘味料がどのようなものなのかについては厚生労働省の報告書(前掲)をいくつか引用していきます。

ネオテームは、アスパルテームを N-アルキル化することにより得られたジペプチドメチルエステル誘導体の甘味料である。その甘味度は、使用する食品の種類や配合組成によって異なるが、砂糖の 7,000~13,000 倍、アスパルテームの約 30~60 倍である。

以上のことから、「ネオテーム」は「アスパルテーム」の一種で、それ以上の甘味度を持っているものであることが分かります。

具体的な甘さについては、次のように解説されています(黄色は当サイトによる)。

ネオテームは、アセスルファムカリウムや calcium saccharinと比べ、苦味及び苦味の後味が少なく(10)、また、アスパルテーム、アセスルファムカリウムや calcium saccharin より甘味の発現が遅く、アスパルテームと同様に甘味の後味が長く残るという味質特性を示した(11)。

ネオテームはアスパルテームの一種ということから、人によっては「L-フェニルアラニン化合物」の記載が必要ではないかと思う方もいるかもしれませんが、その必要性はないと結論付けています。

「ネオテーム」を含むプロテイン

「ネオテーム」を含むプロテインは、現在確認したところDNSのプロテイン以外にありませんでした。

DNSのラインナップ。

DNSのラインナップ。


ブログトップ >> 「ネオテーム」について調べてみた。
 >> サイトマップ