プロテインを飲むのに最適なシェイカーとスクイズボトルについて | 人工甘味料なし・安くておススメの無添加プロテイン

プロテイン シェイカー スクイズボトル

プロテインを飲むのに最適なシェイカーとスクイズボトルについて

>> 雑記
 >> サイトマップ

通常プロテインを飲む場合、シェイカーが必要になってきますが、どういったものが最適なのかを見ていきたいと思います。

500mlくらいのシェイカーが一般的

左のシェイカーは最大で200mlくらい、右のシェイカーは最大で500mlくらいまで入れることが可能です。溶けやすいプロテインであれば200mlのものでも問題ない気がしますが、混ぜる飲料水を多めにしたいのであれば200mlでは物足りない感じになります。

スプーン4杯に対する水の量。

スプーン4杯に対する水の量。

40gに付き、400mlの量です。

40gに付き、400mlの量です。

右の大きいシェイカーはウイダーのシェイカーで、蓋に開閉可能な飲み口がついてますが、実際に扱ってみるとあまり必要ないのでは、と感じてしまいます。カゼイン系のプロテインであれば、容量の大きいものが良いでしょう(カゼインは溶けにくい)。

マルトデキストリンの場合はスクイズボトルの方がベター。

マルトデキストリンの場合は、プロテイン用のシェイカーでは小さすぎる可能性があります。プロテイン用のシェイカーはあまりおススメできない感じがしました。

400ml以上は必要になる。

400ml以上は必要になる。

「ビーレジェンドMD」の場合、「40gに対し、400ml~1000mlの飲料水」と書いてありました。最大でペットボトル2本くらいということになりますが、あまりにも多いので運動前に飲むのにはあまり向かず、運動中、運動後の水分補給と合わせて取り入れた方が良いことになります。

実際、400ml以下の水で混ぜてみましたが、全てが溶けきれず、沢山のダマが浮かんでいる状態になってしまいました。

あまりにも容器が小さいので最適なボトルはないかと思っていたところ、「スクイズボトル」が最適かもしれないということに気が付きました。

スクイズボトルの商品棚。

スクイズボトルの商品棚。

スクイズボトルは最大で1000mlなので、マルトデキストリンを混ぜるのに最適な容器になります。このボトルであれば、運動中はマルトデキストリンのみで、運動後は200mlくらい余らせたものにプロテインを混ぜて飲む、という方法をとればかなり効率的になります。

→シェイカー・スクイズボトルの購入はこちら(アマゾンストアです。)


ブログトップ >> プロテインを飲むのに最適なシェイカーとスクイズボトルについて
 >> サイトマップ